アリとキリギリス

111 本当にあった怖い名無し 2010/08/12(木) 04:44:38 ID:0YiqO46+0
【 アリ と キリギリス 】

アリさんたちは、春も夏も秋もずっと一生懸命働いていました。
キリギリスさんはその間、ずっと遊んでいました。

冬になりました。

食料無くなったキリギリスさんは、とってもおなかが空いてしまいました。
オマケに寒波襲来で寒くて寒くて。

キリギリスさんは、何か分けてもらおうとアリさんたちの家に行きました。

コンコンコン、とドア(童話なのでアリの巣にもドアがあるのだ)を叩くキリギリス。
外はもう吹雪です。凍えてしまいそうな寒さです。おなかもぺこぺこで目眩がします。

がちゃ、とドアが開きました。

「やあ、キリギリスさん、どうしたんだい?」
アリさんたちは笑顔です。

「あの、ボクはおなかぺこぺこなんです。何か分けてくれませんか?」
キリギリスさんは、ひもじそうな声で言いました。

それを聞いたアリさんたちは、とっても困った顔をしました。

だって食料はアリさんたちだけの分が精一杯。
一年中働いてもせいぜいそれだけ溜め込むのがやっとなのです。
税金や年金、保険料その他でいっぱい吸い上げられてしまうのですが、それはまた別のお話し。

「いや、キリギリスさん。ボクたちもやっとなんだ。君に分けてあげる余裕はないんだよ」
アリさんは口調な丁寧であったが、はっきりとキリギリスさんの申し出を拒絶しました。(続く)

112 本当にあった怖い名無し 2010/08/12(木) 04:45:24 ID:0YiqO46+0
(続き)

「そこを何とか! このままじゃボクは死んでしまう!」
キリギリスさんは血走った目で、必死にくいつきます。

「でもねキリギリスさん、君はボクたちが一生懸命働いている間、遊んでたじゃないか。ちゃんと働けばよかったんだよ」
そう言ってドアを閉めようとします。

「待ってください! お願いします! お礼はしますから何か恵んでください!」
キリギリスさんはドアに縋りつき、必死に懇願します。

困ったアリさんたちは顔を見合わせました。
そしてなにやらゴニョゴニョと話し合いをしました。

数分経って、アリさんたちはキリギリスさんに向き直りました。
みんな満面の笑顔です。

「わかったよキリギリスさん。とりあえず中にお入り」
そう言ってアリさんたちは、寒さに震えるキリギリスさんを巣穴に迎え入れました…。


…その日の夜。

アリさんたちの晩餐のテーブルに並んだのは、あのキリギリスさんでした。

キリギリスさんの羽や足、あの美しい歌声を出す喉も丁寧に調理され、
アリさんたちはそれらを心ゆくまで味わいましたとさ。

めでたしめでたし。 (おしまい)

関連記事
2017-10-31 13:11 : 怖話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

カテゴリ

PR

メールフォーム

PR

検索フォーム