FC2ブログ

開けろと迫る声

86 本当にあった怖い名無し sage 2011/05/26(木) 04:25:50.55 ID:3QwW7Qbr0
最後です。
これが一番怖くて。僕は耐え切れずに上司に直訴し、10ヶ月という半端な時期にもかかわらず交代してもらいました。

季節は夏の真っ只中です。
そのころになると僕はできる限り交番に寄り付かず、書類整理の時と来所者がいるときだけで、後は寝ずに町を警邏するようになっていました。

その日は運悪く書類が多く、交番でしこしことPCを叩いていました。
仮眠時間に突入しており個人的にはいやな時間帯でしたが、仮眠時間は唯一交番の中扉を閉めて(その時間帯の来所者は近隣交番の人がカバーしてくれる)書類に専念できる時間でしたので、作業が進むのが唯一の救いでした。
おそらく4時位のことでしょうか、外の駐車場で車が止まる音がしました。
「来所者?この時間に?緊急か?応援呼ぶより対応した方がいいな」
その辺りまで考えて鍵を開けようと椅子を立ち上がったところで外の扉がガラガラと開きます。
「お~ぅ○○。仕事しとるか~?」
隣の交番の先輩の声でした。
仮眠中の交番管内は隣の係員が回ってくれるので、その際にこのように様子を見に来ることはままあります。
あぁ先輩かよかった書類を続けられる。何て思いまして
「○○~。開けろや~電気ついとんのやから起きてるんやろが~」
先輩が呼びます。最近は寝る時も電気つけっぱですがそんあこと先輩は知らないでしょうし、素直にあけようとして

あれ?

先輩なら当然のようにするアレがない

先輩なら、当然、




合鍵の場所を知ってる

87 本当にあった怖い名無し sage 2011/05/26(木) 04:27:03.64 ID:3QwW7Qbr0
当然部外者は絶対分からない場所に隠しますが、
交番員が別件対応中の応援のため、近くの交番員は合鍵の場所を知っています。

「○○。開けてくれやぁ」

外からの声、とっさに、答えちゃダメだ、窓から駐車場を覗く。
車は、ない

「あけろ~」

誰だこいつ。何だこいつ。あけたらいかん。あけたらいかん。ドアをはさんで聞こえる声、振り返ると、さっきまで閉まってた扉が
中もやばい、どうしよう、明かりがついてることだけが唯一の救いでした。

いつの間にか声はなくなり、それでもドアの向こうにははっきりと気配が(いやただビビッてただけかも試練ですが)

そのままトイレに引きこもり朝を待ち、半泣きで上司に直訴して交代しました。
引継ぎの時の同僚は、僕の話を聞いて笑いました。

更にその半年後、移動で町を移り、その後はしりません。

以上で僕の話は終わりです。
三河の海沿いのある町で起こった、ガチで本当の話です

書いてて思い出したらまた怖くなった。もうすぐ朝だし寝るのはやめようと思います。
長々とお付き合いありがとうございました
関連記事
2017-09-11 18:05 : 怖話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

カテゴリ

PR

メールフォーム

PR

検索フォーム