娘のちょっとした奇行

576 本当にあった怖い名無し sage 2011/10/05(水) 19:05:22.56 ID:yoUhIaec0
失礼します。霊とかではないと思うのですが…。
先日、大きな台風が来た時の事。

外は大雨。
「ただいまぁ」夕方に大学生の娘の声が玄関から聞こえました。娘は明るく元気で、おしゃれやカラオケが好きな所謂女子大生という感じの娘です。

「おかえりー」と返事はしたもののなかなか家に入る様子はない。そして、ガチャリともう一度ドアを開ける音が聞こえました。

「?」不思議に思った私が玄関に行くと娘はおらず、鞄だけ置かれていました。この台風の中コンビニにでも行ったのかしらと思って放って置きました。

リビングに戻り、ふと縁側の雨戸閉めたかしらと思い、縁側に行きかけた私。庭には 不思議な光景が。

ザクッザクッザクッザクッザクッ。

娘が傘もささずにずぶ濡れで強風の中、土をスコップで掘っている。目は虚ろなのに口元は笑っているように見えました。

私「a、何してるの?風邪引くわよ」
娘「コスモスを植えるんだよー」ザクッザクッザクッ。娘の横には花屋で買ったと思われるコスモスの鉢が。
私「コスモス…?台風が行ったらにしたら?」
娘「なんでー?」ザクッザクッザクッ
私「なんでって…濡れるし…」
娘「濡れてちゃコスモス植えない方がいいのかなあ?」ザクッザクッザクッ
私「いや、そうじゃなくて…風邪引くでしょう」
娘「風邪引くとコスモス植えない方がいいの?」ザクッザクッザクッ
私「…」

ザクッザクッザクッザクッザクッ

普段から娘とはよく会話をする方なのですが、話が通じず、何かに取り憑かれたようで本当に怖かったです。
コスモスを植えたら、さむーい!お風呂ー!といつもの娘に戻っていました。
あれは何だったのでしょうか。
関連記事
2017-07-10 18:18 : 怖話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

カテゴリ

PR

メールフォーム

PR

検索フォーム