母は魔法使い

497 本当にあった怖い名無し sage 2012/04/01(日) 20:40:14.88 ID:fFTMejDsO


子供の頃よく母に時空間の移動をして貰ってました。
例えば1時からぬーべーの映画を見て5時には自宅に帰ってアンパンマンを見たい。けどぬーべーが面白かったからもう一度続けて映画を見たい。でもアンパンマンがはじまっちゃう…みたいな葛藤をする子でした。

すると母は「ほんとはいけないんだけどまぁいっか!」と二回目の映画鑑賞を続けてさせてくれました。本来なら1時のあとのだから約二時間として3時からもう一本見たはずなのに終了時刻はまたもや3時。

このような事はおちゃのこさいさいとやってのける(朝しまじろうを見忘れたとごねれば、私に3秒数えさせ時間を戻したり。ビデオ予約の機能はテレビになかったはずなので母が時間を戻してた?)母にいつも「すごい!どうやったの?」としつこくしつこく話し掛けたら
母「お母さんはね魔法つかいなの。でも誰にも言っちゃだめ。言ったらお母さんクビになっちゃうの。」
と言って来たのです。流石に幼稚園生ながらも嘘だろ、とか思いつつも内緒にして過ごしていました。母も内緒で時間を戻したり止めたりしていました。

因みに「止めている間は見ている分にはいいけど触ったり動かしたりしたら止めている時が戻ったときにおかしくなるからだめだよ。」と念押しされていました。その約束だけ守って色々母はしてくれていたのですが、やはり子供心に「母は本物の魔法使いだ」と感じてしまいある日
幼稚園の仲良しの子に吐露してしまいました。一人にだけ言ったのにお迎えの瞬間、母に「〇ちゃんにお母さんのこと言ったでしょ」と誰に言ったかも当てられてしまいました。

怒られた次の日辺りから母は時間を弄れなくなりました。何故か尋ねると私があの日吐露したせいでクビになったと。またやって欲しいと言っても頑なにやってくれずそれっきりでしたがオカ板で時空のおっさん話を見掛けたのでもしかしたら母もそこの人だったのかもと投下しました
>>503母がもう亡くなってしまったので詳しくは聞けないのですが時空移動をかなりしたので鮮明に覚えてる点が多いのでまた投下します。

関連記事
2017-05-17 18:15 : 怖話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

カテゴリ

PR

メールフォーム

PR

検索フォーム