キャンプ

465 本当にあった怖い名無し sage 2012/05/24(木) 11:52:59.32 ID:5D3QnShb0
大学に通っていた俺の友人の彼女の話

3年前のこと
彼女(仮にAとします)は夏休みもある日のこと他の大学の友人たちと一緒にキャンプに行くことになった
メンバーは男5人に女4人の9人

でいざ車で出発して目的地に着いたのは良いものの夏も終わりだってのに人が結構沢山いたため
そこのリーダーの男が急遽「人多いから別な場所探すか」といったので、またまた場所変更することにした
車でキャンプ場を離れて山を上がることになった
そのリーダーの人は、なんでも秘密の場所を知ってるらしくそこはキャンプには絶好の場所らしい

山を上がって行ってしばらくしたとき国道とは別にギリギリ車一台入れる旧道っぽい道があった

リーダーの人は「この先にある」といった
旧道なので仕方ないとは思うがかなり不気味な場所だった

折れた標識,滅茶苦茶なガードレール,昼間だというのに木が覆い茂っていて暗く本当にこの先に
キャンプに最適な場所なんてあるのか?と皆疑問に思った

旧道に入り5分もかからずリーダーの人は車を止めて
「ここから先は歩くから」といった

旧道の横に細い道があった
獣道ってほどはないけど歩きずらそうな道ではあった
まあ今日はキャンプで皆汚れてもいいような服で来ていたため誰も躊躇わず道を進んだ

470 本当にあった怖い名無し sage 2012/05/24(木) 12:21:51.19 ID:5D3QnShb0
道を下って3分もかからない内にそこそこ広い河原がみえてきた

確かにここはキャンプには絶景の場所である
すると道にそれた場所にボロボロの小屋があった

リーダーは「ここがトイレ」といった
何故かはしらないが水道が通っておりちゃんと使えるらしい

それからちょっとして河原に到着した
あらためてみると川もそれほど急な流れではなく場所もかなり広い
ボロボロだけどトイレもある
なんでこんないい場所がキャンプ使われてないんだと一人が言った
リーダーはいうに実は去年来たときは、ここに至るまでのさっきの道に立ち入り禁止の看板があったのだが
好奇心がわいて看板を乗り越えて進んでいった先に見つけたらしい

一人がそれってヤバくないか?といったのだが去年は特に何も起きなかったし,まあ大丈夫だろうとリーダーが言ったので
予定通りキャンプは行われた

皆ドンチャン騒ぎでしかも誰も注意する人なんていないので祭りは夜遅くまで続いた

ここまでは何ともなかったらしいのだが問題は夜中だった

まあさすがに夜も9時半にもなったころには皆疲れたので寝ることにした

テントは2つあり男と女に分かれて寝ていた

それから何時間か経った頃Aは誰かに起こされた
それはAの友人のBとCだった

なんでもトイレに行きたいのだがあのトイレに二人で行くのは怖いのでAも一緒に来てほしいとのことだった

475 本当にあった怖い名無し sage 2012/05/24(木) 12:41:15.94 ID:5D3QnShb0
確かにAも尿意を催してきたので3人でトイレに行くことにした

昼間でさえ暗かった道は夜になるとさらに闇に包まれていた
懐中電灯をつけながら転ばない様に足元に気を付けてトイレにやってきた

トイレは男女共用で個室は1つしかなかった
じゃあAから行くということで個室を開けようとしたが鍵がかかっていた

もしかして男グループが入ってるのかな?と思ったが
Bが「そんなはずはない男グループがトイレに入っていく様子はなかった」といった

476 本当にあった怖い名無し sage 2012/05/24(木) 12:44:14.73 ID:UjXbNMbu0
ちょっと整理したいんだけど、Aさんは君の友人の彼女。
彼女を中心に話が進んでいると仮定して、BとCは女性かな?

とりあえず話の腰を折らないよう見守っています。

477 本当にあった怖い名無し 2012/05/24(木) 12:48:04.62 ID:5D3QnShb0
まさか自分たち以外にここに来た人がいる?というのも考えにくかった
一気に背筋が凍ってきた
個室の中にいるのは何者なのか

Bが「大丈夫ただ個室のカギが壊れてるだけかも……」
と言いかけた時……カラカラとトイレットペーパーを引く音がした

やっぱり誰かいるのだ

Aが「もしかして幽霊……じゃないよね……」
といったがBが「そんなはずないでしょ!ここに誰か来ただけでしょ諦めてテントに戻ろう」
といったので戻ることにした

478 本当にあった怖い名無し sage 2012/05/24(木) 12:57:20.38 ID:5D3QnShb0
>>476
はいその通りです

腕時計をみると夜中の1時ごろだったのでまあ我慢はできるかと思い
再び眠りにつくことにした

しかし1時間後
どうしても我慢できず寝付けなかった
BとCも同じように寝付けなかったためもう一度トイレに向かった

さすがに1時間たったからもう開いてるだろうと思ったがまだ個室は閉まっていた
3人とも苛立ち早く開いて欲しいと願っていた

さっきとは違いそれほど恐怖は感じていなかった
それから30分したが一向に開く気配はなかった

ノックしたりもしたが返事はなかった
3人ともしゃがんだりもじもじしながら早く出てくださいと何度も言ったがそれでも何も応答はなかった

その内とんでもないことが起こった
Cが突然「あ……あ……駄目…」と声を漏らした

暗かったがCのズボンがどんどん濡れだしCのしゃがんだ下に水たまりができているのが分かった

AとBもあえて口に出さずにどんまいと呟いた

Cは少し半べそになりながら「着替えてくる」と呟いてテントに戻った

481 本当にあった怖い名無し sage 2012/05/24(木) 13:15:01.74 ID:5D3QnShb0
AもBも腹が立ってきた

誰が入ってるのか分からないけど個室にいつまでいる気なのだろうかと
Bが「もう私たちもその辺でしちゃおう」といったのでAもBもトイレを後にしたときだった

ブロロロ……と旧道のほうで車の音がした
やっぱり私たち以外にも来てる人がいるのだろうか?と思い

ちょっとどういう人が来てるのか様子をみようよとBがいったのでAも渋々ながら同意し
旧道のほうへと向かった

が旧道へ着いたものの車はなかった
あることはあるがこれはAたちが乗ってきた車である

これには2人ともおかしいな思った
確かにさっき車が走る音が聞こえた

国道の車の音がここまで聞こえてくることはないのでどう考えても旧道に車が来たのである
Bが「もう気味悪いからここでおしっこ済ましちゃおう」
といったのでここで用を足すことにした

用を足しているとまた……ブロロロと車の音がした
そして今度はちゃんと姿形を現して

その車は暗くてよくはみえなかったが四輪駆動の自動車だということは分かった
車はAとBの10m手前で止まり中から一人でてきた

暗くて男か女かも分からなかったが何か棒のようなものを持っている

この何者かはAとBに気付いていないらしく、その辺をうろうろしていた

AもBも震えてしょうがなかった
もしかして立ち入り禁止の場所に勝手に入って行ってしまったので注意しに来たのだろうか?

でもそれならまだいい
車からでてきた何者かは何故かはしらないけど得体のしれないものと感じたからである

486 本当にあった怖い名無し sage 2012/05/24(木) 13:41:29.23 ID:5D3QnShb0
早くおしっこ終わって欲しいよと願いながらどうか気づきませんようにとAは思った

すると突然その何者かはこちらのほうへと向かい始めたのである
それがこちらの事に気付いているのか分からないがAもBも我慢の限界でダッシュでテントへ戻った

2人ともしばらく震えていたが気が付くと眠ってしまったようである

それから夜が明け2人は他の人たちに昨日の出来事を話した

ここは得体のしれない何かがいる早いところ出たほうがいいと
しかし他の人たちがからはどうもイマイチ信用できずリーダーがじゃあトイレから調べてみようということで
全員でトイレに向かった

トイレの個室は普通に開いていた
やはり昨日は誰かがいたのである

ふと一人が「うわっやべえよ……これ……」といいだした

みると全員が息をのんだ
個室は血の跡のようなものがあちらこちらにありあきらかに首吊り用のロープがぶら下がっていたからである

一人の女子が「なんか気持ち悪いからもう出ようよ……というので皆で帰り支度を始めることにした


493 本当にあった怖い名無し 2012/05/24(木) 14:00:34.02 ID:5D3QnShb0
車に戻ろうと旧道に出た時AとBはあれ?と思った

昨日車が来てたはずなのに車輪の跡がないのである
やっぱりあれは幽霊だったのだろうか?そう思い車は発進した

しばらく旧道を進んでいると後ろにいた人がなんだあれ!!といった

それは満面の笑みで右手で斧を振り回しながら左手で手を振りながらこちらへ走ってくる中年っぽい男だった
なぜかは知らないが明らかに車と同じ速度である

一人が「もっとスピードを出せ!!」というのでリーダーも焦りスピードを速めた

その斧男は旧道を出た瞬間フッと消えたそうだ

やがて山も下りたころリーダーが呟いた

「あのさ実は皆に黙っていたことがあるんだけどさ……俺去年あそこ言った時立ち入り禁止の看板壊しちゃったんだよね……
その時看板の中に御札みたいなのが挟まってたんだよね……でさ……その看板そこに放置してたんだけど今回きたとき見当たらなかったじゃん?
だからさ誰かがあそこに住んでるんじゃないかなって思うんだよ……」

終わりです



関連記事
2017-05-02 18:11 : 怖話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

カテゴリ

PR

メールフォーム

PR

検索フォーム