かあちゃんもどき

966 本当にあった怖い名無し 2012/08/07(火) 14:11:29.95 ID:PJ+3tRlQ0
短いけど体験談書きます
絵本みたいな書き方で怖くないと思いますけどねwww短いし

アレがあったのは小5の秋でした
近所の友達と遊んでいたらいつのまにか夕暮れになっていたので
日も暮れるし帰ろうということになりました
秋の肌寒い風を感じて「そろそろ秋も終っちまうなぁ」とか考えてるうちに家に到着
しかし、誰もいない
母は専業主婦なので5時には夕飯を作るために戻って来るのですが
その日は帰っていなかったのです
小5のガキンチョが誰もいない家に一人きり・・・
俺はチキンだったの一人でいることと母の事が心配になりました
「やべぇ・・・一人だし変な奴来たらどうしたらいいんだよぉぉぉ・・・」
「かあちゃん事故ってんのかなぁ(泣)」
と、情けない想像を膨らましていたらあることを思い出します   

967 本当にあった怖い名無し 2012/08/07(火) 14:14:14.18 ID:PJ+3tRlQ0

「そういやよく帰りにばあちゃん家に寄ってたっけ」
そのまま話し込んでるもんだとそのときは思っていました
母は予め何かあった時用に近しい人の電話番号を持たせてくれていました
受話器を取り間違えないように慎重にかけます
「プルル・・・プルル・・・プルル・・・プルル・・・」
7回目、8回目、そして10回目をコールしても出ません
「あれ?ばあちゃんトイレかー?」
などと考えていると
「プルル・・・プルル・・・ガチャ」
なんだちゃんと出たじゃんか~
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
しかし、電話の向こうは無音でした
とりあえず、用件を伝えようと話しかけます
「ばあちゃん?○○だけど母ちゃんばあちゃん家にいる?」
しかし、返事はありません                      

969 本当にあった怖い名無し 2012/08/07(火) 14:21:11.64 ID:PJ+3tRlQ0

もしかしたらかあちゃんがでたのかなぁと思い
「かあちゃん?」と尋ねると
「・・・・・・・・・・○○・・・・・・・・・」
確かに自分の名前を呼んできたことを覚えています
なんだ、かあちゃんかよ~とホッとしかけた瞬間
「あはははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは」
知らない女の人の喉が潰れそうなほどの笑い声でした
「お、おい何笑ってんだよ!!何がおかしいんだよ!!」
必死にあげたチキンの叫びもキチガイ様の前では蚊の羽音にも敵いません
「あはははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははは・・・・」
その後も笑い声は止まらず限界に達した私は一言「バカッ!!」と怒鳴って
切ってやりました
その20分後母が帰ってくるまで布団の中で丸まっていました
母に後で聞いたところばあちゃん家にもいっていないし知らないとの事
ばあちゃんも上に同じ
あの笑い声が何なのか、どこに繋がったのか今でも謎です

読んでくれたら幸いです
当時、スゲー怖かったの覚えてます(泣)



関連記事
2017-04-09 13:14 : 怖話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

カテゴリ

PR

メールフォーム

PR

検索フォーム