足の痛み

332 本当にあった怖い名無し sage 2012/08/12(日) 23:50:39.25 ID:ia8WLSHJ0
やっぱり自分的には洒落にならないくらい怖い話だったので書き込ませていただきます

これは自分が中学生の時に体験した話です
これは自分が中学生の時に体験した話です
当時中学二年生だった自分はバスケをしていました
六月中頃のことでしょうかあるとき自分は左足にチクリとした痛みを感じるようになりました
ですが自分は日頃からいつの間にか足に怪我をしていたりしたのでその時も「気のせいだろ」という
感じで放置していました
それからだいたい一週間立つか立たないかのことでしょうかもうその頃には左足の痛みが腰の左あたり
まで移動してきて自分で立ち上がることが困難なほどの痛みになっていました
この時になって初めてこれはただ事ではないと感じた自分は親に「腰の左あたりが痛いんだけど」と
相談しました
するとお祓いをしようということになってしまい家族の代表として自分がお祓いに行
くことになりました そして自分では歩けなかったので病院で麻酔うってもらってからその神社へと向
かいましたその神社は確か荒神様?と親戚の人に呼ばれていたのを覚えています 
神社につくとすぐに若い男の人が左足を引きずって出てきて神社の近くにあった小屋に連れて行かれました


336 本当にあった怖い名無し sage 2012/08/13(月) 00:16:18.45 ID:IbxGMqxv0
その人はバイクの事故で腰の骨がずれて神経を圧迫してしまっているそうで左半身が麻痺してしまっているそうです
そこで男の人に「いつごろから痛みが出ているのですか?」といったことや「何か罰の当たるようなことはしていないか?」といったことを聞かれました
その時の男の人の対応はとても事務的でした そして最後に「この御札を自分の部屋の入口の上に貼っておいてください」と
言われて母が「お祓いは必要ないのでしょうか?」と聞いたのですが「これぐらいなら大丈夫で
しょう」と言っていたのが何故か知りませんが記憶に残っています
その御札をもらって自分の部屋の入口の上に貼って「これで今日は安心して寝ることができる」と思って
ぐっすり寝ようとしました ですがなんとも言えぬ気持ち悪さで眠ることができませんでした 
必死になって寝ようとしていると階段の方から何かを引きずっているような音が聞こえてきました
ズズズッギシッ・・・ズズズッギシッ・・・という音だったと思います
正直言って怖がりな自分はそれだけでも泣きたくなるくらいに怖かったのですが物音を出したら
その音を出している相手に気づかれてしまうと思って布団をかぶって必死で息を殺していました
恐怖で歯がガチガチと音を出しているのが分かります



342 本当にあった怖い名無し sage 2012/08/13(月) 01:46:37.89 ID:IbxGMqxv0


さらにもう6月だったので布団をかぶっていると半端ではない量の汗が出てきて息が荒くなってしまいます それでも我慢して隠れていると
自分の部屋の扉に前で足音が止まりました「そうだ今日御札をもらったから入って来れないんだ」と安心しました 
しかし少しすると ギイィィ・・・と扉が開きました
もうその時点でパニックになってしまってその後はあやふやにしかわからませんでした 
ですが途中でバリバリッという紙を破く音と何かを飲み込むような音は聞きました
その時にシルエットだけ見た感じでは喉仏があったので男じゃないかと思います
翌日の朝になるまで布団に隠れて泣いていました その後 六時にセットしておいた目覚まし時計が
鳴り始めたのを聞いてすぐに母のもとに行き事情を話して御祓いしてもらうことにしました
そして一緒に二階に行って初めて分かったのですが御札が破かれていました しかも左半分だけが
その後に昨日の神社に行くと昨日とは違ってお祖父さんとお祖母さんが出てきました

345 本当にあった怖い名無し sage 2012/08/13(月) 01:58:25.45 ID:IbxGMqxv0
お祖母さんに会うなり「昨日は御祓いの準備をさせてもらっていたのですが何故いらっしゃらなかったんですか」と言われて自分と母は昨日もここにきて若い男の人から御札をもらったことや、御払いはいらないと言われたこと
そしてその男の人からもらった御札が左側だけ破られてなくなってしまったことを伝えるとお祖母さんの方が「それは大変だったねえ」
と行ってくださりそれを聞いて自分は大泣きしました
の後御払いをしてもらって男の人のことを聞いてみるとおじいさんが「そのような男性はいません」
「ところでその男性は左足を痛めてませんでしたか?」と突然聞かれたので確かにそのひとは左足を引きずっていたということを伝えると
「私はその人が貴方を祟っていると思うのですが心当たりはありませんか?」と聞かれました
しかし自分はその若い人は見たこともないと伝えると「拾っちゃったのか・・・」と言われていました
最後にそのおばあさんが「死ななくてよかったねえ」と行っていらっしゃるのが聞こえて鳥肌が立ちました
これで自分の怖い話は終わりです 投稿の文字数が多すぎて分割してしまい大変見にくくなってしまいました
最後まで読んでくださってありがとうございました


関連記事
2017-03-31 18:07 : 怖話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

カテゴリ

PR

メールフォーム

PR

検索フォーム