トイレ待ち

837 本当にあった怖い名無し 1/2 2010/07/25(日) 17:48:58 ID:ztxPu/Rq0
小学3年の頃の話、

夜寝てたら『トントン』と肩を叩かれ名前を呼ばれた。
おふくろの声だった。
俺は目をつむりながら『....え...なに??』
『トイレに行きたいんだけど....
一人で行くの気持ち悪いし...
着いてきて...』
元々霊感の強いおふくろだし、じいちゃんが入院中で危篤状態というタイミングだった。家にいるのはおふくろと弟、そして俺の3人。
おふくろが精神的にかなり参っていたのも解ってたし、強烈に眠かったが俺は快く了承した。
時間が何時だったかも確認しなかったがとりあえず、暗がりの中おふくろの手を握って階段を降りた。
階段を降りきって直ぐ
『ここで待っといて』とおふくろに言われ、俺は階段に腰をおろし座っておふくろを待った。
とにかく眠い。目がもの凄くシパシパしてた。壁に持たれてそのまま寝てしまいたい思いだったが我慢した。
おふくろに何かあった時は俺が守らなければと...子供ながらに強くその時思ってた。

そうこう待ち続ける事5分...
10分位と待てど、一向にトイレからおふくろが出てくる気配がない。


838 本当にあった怖い名無し 2/2 2010/07/25(日) 17:51:10 ID:ztxPu/Rq0
(なにしてんだよ....こっちはもう眠くて仕方がネェんだよ...)

たまらずトイレの前へ駆け寄りおふくろに声をかける。
『なあ....もう眠いし俺戻っから』
『....ちょっと待って、もう済むから....もう少しそこで待ってて』
『どれだけ待たされてると思ってんだよ、寝るよもう...』

その瞬間...階段側(後ろ)から物凄い勢いで右手首を掴まれ引っ張られた。

(うわっ!!!?)

えっ誰!!?....見上げると
おふくろだった。

『あれ!!?いやっだって....えっ!!?』

状況が全く理解できないままおふくろに引っ張られ、おふくろの部屋で、元々そこで寝てた弟とおふくろと、俺の3人で寝たようだが
一緒に寝たという記憶がひどく曖昧だった。

朝起きたらじいちゃんが死んでた。
それとあの出来事に関係があるのかも、あの出来事がなんだったのかも解らない。
寝ぼけてただけかもしれない。

まぁアレが現実だとして...あの時おふくろが現れず、おふくろだと思ってたものをあのまま待ち続けてたら....
そのことも今となっては解る由もない。





関連記事
2017-11-11 23:10 : 怖話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

カテゴリ

PR

メールフォーム

PR

検索フォーム