風呂にて

816 本当にあった怖い名無し 2010/07/25(日) 03:15:59 ID:AjmG2g910
風呂にて‥

私はいつも通り体を洗い終えて
眉毛を整えていました。
もう何度も剃ってはいるものの
自分が気に入る形になることは月に2,3回あるかないか。
しかしその日は自分なりの手ごたえがあり
慎重に作業を進めていました。

そして、そろそろ終わりに近づいてきた頃に
右の方から何者かの視線が…
瞬時に顔を向けてみたのですが、そこには誰もいません。

「気のせいかw」と、鏡をもう一度見直してみると…そこには…
右の眉毛の半分を失った私が、微笑んでいました。

あの時の視線はなんだったんでしょうか…





関連記事
2017-11-10 18:16 : 怖話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

カテゴリ

PR

メールフォーム

PR

検索フォーム