肝試し

430 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/21(水) 00:54:33 ID:OpVYXDxx0
小学生の夏休み そこはわりと活動の中心の1つだった
早起きしてラジオ体操でそこのグラウンドに集まり
地区対抗ソフトボールの練習
緑化運動で毎年花壇に花を植えた
ささやかな夏祭り 花火大会もそこで行われた
かなり奮発したのだろう ナイヤガラや打ち上げ手持ちと結構な数揃えられていた
かき氷や綿飴何故だったか餅つきもしたしスイカ割りもした

花火が尽きた頃だ 誰ともなく肝試しを言い出したのは
お墓を潰して建てたという最早その為にあるかの様な立地
退屈した夏の夜で 当然と言えば当然の思考だった

今まで数え切れない程のの人が心中に好悪織り交ぜ六年間ほぼ毎日通った しかし今は誰一人寄り付かない
『廃校』
ただでさえ怖いもの知らずのガキ集団がさらに一種のハイになっていたのだろう
昼間に忍びこむ事は珍しいことではなかったし 直ぐ外の公民館で大人たちが打ち上げで飲んでいたし そこから一番近い者の家は学校の向かいだからと タカをくくっていた
その向かいの家の友達に灯りを持ってくるよう頼むと雰囲気付けのつもりか提灯(お盆に仏壇に飾るやつ)をひっ掴んで来た
いざ 入ってすぐの一階はビクビクしていたが一階を回り終える頃にはふてぶてしさが戻っていた
強がって大げさに騒ぎながら階段を登り二階に至る先ずは校庭側を回ろうと自ずと決まりいくらか歩を進めると 
提灯が燃え上がった
なんて事はない ただ先頭で持っていた奴が落としただけだ
灯りがないのはきついな~と 何とかしようと提灯に気を向けていたのが幸か不幸か
悲鳴と共に他の全員が逃げ出した 一瞬取り残されたが 階段を全段抜かしで飛び降り先頭に踊り出ると光の速さで校舎から這い出た

公民館まで辿り着く頃には俺は 計られたか と思い初めていた
引っ込みがつかなくなった我ら臆病者集団集団に驚かすという荒技で終止符を打ってくれたのだ
正直恐怖は限界で緊張の糸があれで切れた
企みが成功し必死の形相で突っ走る様をみてなお笑いを抑えるとはなかなか狸だな
と思いながら なんとか取り繕おうとヘラヘラ笑っていながら振り返ると顔面蒼白で冷や汗をダラダラ流し 俺の表情に驚いた後畏怖の念を向けてきた

431 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/21(水) 00:55:55 ID:OpVYXDxx0

酔っ払いオヤジ共は酒盛りでこちらには見向きもしなかった 息を整えるまでそこで休んだが
何とか情報を掴もうとしたが結局誰も口を開かなかった

それからか
校舎の窓からの視線の元に
校庭の隅の不自然な暗闇に
宿直室の腐り落ち陥没した畳の床下に
夕闇の先で何かが動いたその先に

安っぽいブラクラみたいな頭から血を流した顔面蒼白な女性の生首
今思い返す廃校での記憶 そのどのシーンにもしっくりと違和感無く馴染んで まるで最初からそこにいるかのように居座る
いつの間にか関係の無い記憶にも紛れ込んできていて

「先週あの後急に雨降ってきてさー」電車の前の車両に
「昨日の数学?大丈夫そんなに進まなかったよ」窓の外に



今思えばおかしい 唐突にブッツリ途切れた廊下 コンクリートで塗り塞がれた階段 ベニヤで封鎖された教室もあった なぜ職員玄関にグランドピアノ? 厳重に鍵の掛けられたあの奥の校舎には一体何が?

今扉の陰を横切ったのは・・・?


433 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/21(水) 01:51:17 ID:OlFczSwJ0
>>430-431
途中から文章が変になって読みにくい
それが逆に怖い感じもするから、意図的なのかな?

句読点使わずスペースで区切ってるから韓国の人ってだけか?

434 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/21(水) 02:07:46 ID:OpVYXDxx0
>>433
蝦夷人です
ある程度狂わすイメージはしたけど読みにくくなるんじゃだめだよな


今はもう取り壊されて空き地になってる その際事故等は聞かなかった
まあやけに時間がかかってた気がするけど

思い出したけど別件というかこれ以前に学級新聞か何かで奥の校舎の写真を撮ったんだ
『俺が撮った写真にカメラを構えた俺が写ってた』
何を言っているのか解らないと思うが俺も何をされたのか解らなかった
鏡だとかガラスとかちゃちなものじゃあ断じてないはず

写真は紛失






関連記事
2017-11-07 23:18 : 怖話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

カテゴリ

PR

メールフォーム

PR

検索フォーム